■最近の記事
■プロフィール

yuuki-kensetu

Author:yuuki-kensetu
(有)結城建設のお家ができるまでのこだわりや
イベント、見学会 などなどいろんな画像付きで毎日更新中!!
ご質問、ご相談、ご意見どんどんお願いします

■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
隙間無く
外壁面には、断熱材を入れますよね。
ほとんどの方は、ご存知だと思いますなが、窓の横の柱と、窓の枠との間に、2mmから8mmの隙間が出来る時があります。
そんな時、ちゃんと断熱をしているか!って、第三者検査でも、指摘していません!
結城建設では、発砲ウレタンという、液状の物を流すと、泡の様に膨らむ断熱材を使って、断熱します。写真が、膨らんだ状態です。はみ出ている部分は、後で、カットします。ようは、現場吹き付け断熱と同じ
ちなみに、なぜ、結城建設では吹き付け断熱をしないかというと、二つ理由があります。
膨らむ時に、外に押し出す力が発生して、通気層をふさぐ可能性があります。もう一つは、柱が万が一、痩せた場合、隙間が発生しますよね! 可能性の話しです。吹き付け断熱は、歴史が浅く、実際の建物で、何十年も経って、解体して見てないからです。
その点、グラスウール断熱材は、世界中で昔から使われています!
ただし、講習も受けづに、適当な工事をする方がいたので、悪く言われる事もあります! 講習、テストを受けたマイスターしか施工しない、結城建設では世界基準を採用しています^_^


スポンサーサイト


未分類 | 18:39:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。